成績があまり伸びない・やる気がない子供に対しては家庭教師を付けるとよいかもしれません。マンツーマンで行う学習によることから、分からない内容などを理解することができると思いますし、成績が上がることで自信もつくと思います。こちらでは家庭教師良い点・悪い点などをまとめてみました。

家庭教師と勉強している様子

プロ家庭教師に求められること

家庭教師に指導を受けて成績が伸びるか伸びないかは、教師と生徒の相性に大きく影響を受けます。
生徒から見て印象が悪く、気詰まりで話しにくい先生だと、一緒にいるだけで疲れたと感じてしまい、勉強どころではなくなるでしょう。
まず何でも質問でき信頼関係を築けるような教師は生徒に親しみを感じさせることできる点が大切です。
かといって馴れ馴れしくしすぎると、生徒は甘えてしまって、真剣に勉強しなくなりますので注意が必要となります。
もともと生徒本人のモチベーションが高ければ問題ありませんが、放っておくと勉強しない子どもに対応するには、ある程度の厳しさが必要です。
ちょうど良い接し方を身につけるのも、プロ家庭教師にとって重要な仕事と言えるでしょう。
生徒が疲れたと感じるのは、授業の内容が学力に見合っていないことや、教師のペースで一方的に押しつけられることも原因と考えられます。
遠慮したり見栄を張ったりして、分かっていないのに分かったふりをする生徒もいます。
生徒が本当に授業を理解しているかどうか確認してから、次のステップに進むといった配慮が必要になります。
生徒が自ら学習したいという意欲を引き出すことができれば、疲れを感じさせずに授業を進めることが可能となります。
家庭教師に似たスタイルで、マンツーマンや1対2の個別指導を行なう学習塾は珍しくありません。
全国展開しているエコールもそのひとつです。
個別指導なので生徒の習熟度に応じた指導を受けられる点は、家庭教師と変わりません。
ただ授業の場所が自宅ではないため、教師と生徒との間に適度な距離感が生まれることは、ある種のメリットと言うことができます。
相性が多少合わなくても逃げ場がある一方で、生徒が甘えてしまうことも防げると考えられます。