成績があまり伸びない・やる気がない子供に対しては家庭教師を付けるとよいかもしれません。マンツーマンで行う学習によることから、分からない内容などを理解することができると思いますし、成績が上がることで自信もつくと思います。こちらでは家庭教師良い点・悪い点などをまとめてみました。

家庭教師と勉強している様子

プロ家庭教師が授業をし受験で落ちたら損害賠償可能?

プロ家庭教師とは大きく2つの種類があります。
1つは、家庭教師のトライなどの大手企業が雇っている教師です。
ほとんどが元教育関係者であったり、何かしらの実績を持つ人が多いです。
それらの経験を活かして、大学生の家庭教師とは違い教育のスケジュールから組み立てたり、全教科教えられるという人も少なくありません。
企業へ家庭教師の申し込みを行なって、プロ家庭教師の中から希望にあった人を選びます。
選ぶ際には、子供の苦手教科や伸ばしたい教科から選べますし、実際に決まる場合は直接面接をして相性を見ることも出来ます。
この場合は会社との契約で、月謝制となります。
2つめは、フリーで活躍しているプロ家庭教師です。
こちらは会社の後ろ盾がありませんので、企業に所属している家庭教師よりも更に実績が必要です。
何かしらの肩書きがないと、申し込む側もリスクが高いためです。
こちらの場合は個人との契約で、回数ごとに支払いをするケースもあるようです。
有名大学等を受験する際、学校、塾だけでなく更に細かい対策のためにプロ家庭教師をつける家庭もあります。
このような場合、単に分からないところを教えてもらうだけでなく、全体としてのスケジュールを組んでもらったり、合格率を上げるための取り組みがメインになるためかなり責任重大です。
子供としっかりとコミュニケーションをとって、勉強を進めていかなければなりません。
仮に子供が志望校に落ちてしまった場合、損害賠償を支払えといってくる親もいます。
もちろん始めの契約の中でそのような取り交わしをしていなければ支払う必要はありませんが、個人のプロ家庭教師の中には志望校に落ちた場合は授業料半額返済、というようなうたい文句の人も存在しています。
プロ家庭教師とは大きく2つの種類があります。
1つは、家庭教師のトライなどの大手企業が雇っている教師です。
ほとんどが元教育関係者であったり、何かしらの実績を持つ人が多いです。
それらの経験を活かして、大学生の家庭教師とは違い教育のスケジュールから組み立てたり、全教科教えられるという人も少なくありません。
企業へ家庭教師の申し込みを行なって、プロ家庭教師の中から希望にあった人を選びます。
選ぶ際には、子供の苦手教科や伸ばしたい教科から選べますし、実際に決まる場合は直接面接をして相性を見ることも出来ます。
この場合は会社との契約で、月謝制となります。
2つめは、フリーで活躍しているプロ家庭教師です。
こちらは会社の後ろ盾がありませんので、企業に所属している家庭教師よりも更に実績が必要です。
何かしらの肩書きがないと、申し込む側もリスクが高いためです。
こちらの場合は個人との契約で、回数ごとに支払いをするケースもあるようです。
有名大学等を受験する際、学校、塾だけでなく更に細かい対策のためにプロ家庭教師をつける家庭もあります。
このような場合、単に分からないところを教えてもらうだけでなく、全体としてのスケジュールをくむことや、志望校への合格率を上げるための取り組みがメインになるためかなり責任重大となっています。
家庭教師と子供とでしっかりとコミュニケーションを取り、勉強を進めていく必要があります。
仮に子供が志望校に落ちてしまった場合、損害賠償を支払えといってくる親も中にはいるようです。
もちろん始めの契約の中でそのような取り交わしをしていなければ支払う必要はありませんが、個人のプロ家庭教師の中には志望校に落ちた場合は授業料半額返済、というようなうたい文句の人も存在しています。