成績があまり伸びない・やる気がない子供に対しては家庭教師を付けるとよいかもしれません。マンツーマンで行う学習によることから、分からない内容などを理解することができると思いますし、成績が上がることで自信もつくと思います。こちらでは家庭教師良い点・悪い点などをまとめてみました。

家庭教師と勉強している様子

プロ家庭教師は恋愛の落書きに怒ったりしない

プロ家庭教師は指導中に簡単に怒ったりしません。怒ることで生徒との信頼関係が崩れてしまうことをよく知っているからです。
生徒がクラスメートが好きという恋の落書きをノートに書いていても、それを見て怒ることはありません。
恋のために生徒の集中力がなくなっていたら注意はするでしょうが、感情的になることはほとんどありません。
プロ家庭教師の先生も人間なので、生徒が人を好きになることは分かっています。そんなことまでいちいち怒って、叱っていたらプロ家庭教師の仕事は続けられません。
家庭教師は勉強を教えるのが仕事ですが、人生相談に乗ることもあります。生徒が悩んでいたら、勉強がはかどらなくなるからです。
ただし、人生相談の時間は短いです。人生相談の時間は短めにして、勉強をすぐに始めるでしょう。または、授業が終わってから、相談を受けることも可能ではあります。
家庭教師に相談しても、恋の悩みは解決できないことが多いです。
それでも話を聞いてもらうだけで、楽になることが多いので、悩みがあったら、ちょっと相談してみましょう。
秘密は守ってくれます。女性の先生だったら、真摯なアドバイスをしてくれるかもしれません。
家庭教師は人間を相手にする仕事なので、人との関わり方についてはよく知っています。
勉強を教えるだけではなく、人間性を高めることも自分の仕事の一つだと自覚しているので、生徒の悩みの相談も引き受けるのです。
恋に限らず、何か悩みがあったら、さりげなく相談してみましょう。親に言えないようなことでも、構わないと思います。
親に言わないように頼んでおけば、家庭教師の先生が親に話すことはありません。
信頼の置ける先生に話すことが大切です。教えてもらっている期間が短い場合は、まだ信頼関係が築けていないと思うので避けた方が良いでしょう。