成績があまり伸びない・やる気がない子供に対しては家庭教師を付けるとよいかもしれません。マンツーマンで行う学習によることから、分からない内容などを理解することができると思いますし、成績が上がることで自信もつくと思います。こちらでは家庭教師良い点・悪い点などをまとめてみました。

家庭教師と勉強している様子

家庭教師が適当知識を整理する

家庭教師の仕事は、勉強を教えることには間違いありません。
しかし、勉強を教えることだけで成績が伸びる生徒は多くありませんし、むしろそうでない子の方が多いです。
成績が上がらない子の中には、そもそも、適当に勉強に時間だけを費やす子や、勉強の要点を整理することが苦手で効率の悪い勉強をする子が多いです。
ですから、成績向上のために、家庭教師は勉強を教える中で知識の引き出しを作り、知識の整理整頓を意識させるという役割も追います。
生徒が学校の授業や予備校などの授業で淡々とノートを取る、演習するといった無駄な時間を少しでも減らし、効率の良い勉強へとシフトさせることが重要となります。
このようなきめ細やかな勉強の姿勢や、考え方のアドバイスや指導は集団授業のなかでは身につくことが少ないです。
また、集団授業を行う講師側には不可能に等しい内容になります。
そのため、個別で生徒に近い形でみることができる家庭教師にこそその力が求められます。
また、適当に授業を受ける子に関しては、集団授業であれば怠けてしまったり、集中力が続かなかったりなどしてしまい、あまり身にならない授業をすることになります。
やはりそれでは、成績向上や勉強能力の向上には役に立ちませんから、集中力を持続させるような環境での勉強が何よりも、一番大切になります。
その点、家庭教師は講師が生徒の集中度合いを見ることができますし、何より、集中力を持続させるためのスキルを持っています。
それにより、適当に授業を済ませてしまうような生徒であっても、一番望ましい形で勉強をすることができます。
これもまた、個別に生徒を見ることができる家庭教師の利点と言えます。